「私は人の話を聞くのが得意です」って英語でなんて言うの?

「私は人の話を聞くのが得意です」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「私は人の話を聞くのが得意です」って英語でなんて言うかご存じですか?今回は「私は人の話を聞くのが得意です」の英語での言い方、その応用例、「私は人の話を聞くのが得意です」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「私は人の話を聞くのが得意です」は英語で “I’m a good listener.”

「私は人の話を聞くのが得意です」は英語で “I’m a good listener.” と言えます。

I’m a good listener.
(私は人の話を聞くのが得意です)

英語では動詞の末尾に –er をつけることで、「~する人」という意味の名詞を作ることができます。例えば、reader は「読む人」「読者」の意味になります。

そして、この「動詞に –er をつけて作った名詞」の前に形容詞を加えることで、「(動詞)するのが(形容詞)な人」という意味を表すことができます。例えば、“a slow reader” は「読むのが遅い人」の意味になります。

listen は「耳を傾ける」という意味の動詞です。good は「良い」という意味の形容詞です。“a good listener” で「人の話をよく聞く人」の意味になります。

「私は人の話を聞くのが得意です」に関連する英語フレーズ

「私は人の話を聞くのが得意です」に関連する英語フレーズ

「私は人の話を聞くのが得意です」は英語で “I’m a good listener.” と言えます。では、「私は人の話を聞くのが得意です」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「(動詞)するのが(形容詞)な人」

He’s a quick learner.(飲み込みが早い/物覚えが良い)
I’m a slow learner.(飲み込みが悪い/物覚えが悪い)
I’m a slow reader.(読むのが遅い)

I’m a terrible dancer.(ダンスが下手)
I’m not a good dancer.(ダンスは得意じゃない)

“I’m a terrible dancer.” と “I’m not a good dancer.” の違い

I’m not a good dancer.” は「ダンスが下手」という意味です。“I’m a terrible dancer.” は「ダンスがとても下手」という意味です。“I’m a terrible dancer.” ではダンスが下手なことがより強調されます。

I’m a terrible singer.(歌が下手)
I’m not a good singer.(歌は得意じゃない)

I’m a terrible cook.(料理が下手)
I’m not a good cook.(料理は得意じゃない)

いかがでしたでしょうか?今回は「私は聞き上手です」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次