「私は死刑制度に反対」って英語でなんて言うの?

「私は死刑制度に反対」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「私は死刑制度に反対」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。against を使って表します。今回は「私は死刑制度に反対」の英語での言い方、その応用例、「私は死刑制度に反対」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「私は死刑制度に反対」は英語で “I’m against the death penalty.”

「私は死刑制度に反対」は英語で “I’m against the death penalty.” と言えます。

I’m against the death penalty.
(私は死刑制度に反対です)

「死刑」は英語で death penalty と言います。against はこの場合「~に反対の」という意味です。“I’m against the death penalty.” で「私は死刑制度に反対です」の意味になります。

I support the death penalty.
(私は死刑制度に賛成です)

「私は死刑制度に反対」に関連する英語フレーズ

「私は死刑制度に反対」に関連する英語フレーズ

「私は死刑制度に反対」は英語で “I’m against the death penalty.” と言えます。では、「私は死刑制度に反対」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「反対」

I’m against abortion.(私は妊娠中絶に反対です)
I’m against violence.(私は暴力に反対です)

「死刑」

He was sentenced to death.(彼は死刑宣告を受けた)

「刑」

He was sentenced to ten years in prison.(懲役10年を宣告された)
He was sentenced to life in prison.(終身刑を宣告された)

「刑務所」

He died in prison in 1996.(彼は1996年服役中に死んだ)
He’s in prison.(彼は刑務所で服役中だ)

いかがでしたでしょうか?今回は「私は死刑制度に反対」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる