「脳死判定」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「脳死判定」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。中学英語だけで表すことができます。今回は「脳死判定」の英語での言い方、その応用例、「脳死判定」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「脳死判定」は英語で “He was declared brain dead.”

「脳死判定」は英語で “He was declared brain dead.” と言えます。

He was declared brain dead.
(彼は脳死判定を受けた)

declare は「宣言する」という意味です。brain dead は「脳死の」。“He was declared brain dead.” で「彼は脳死と宣言された」。これで「脳死判定を受けた」の意味を表すことができます。

She was declared brain dead.
(彼女は脳死判定を受けた)

「脳死判定」に関連する英語フレーズ

「脳死判定」に関連する英語フレーズ

「彼は脳死判定を受けた」は英語で “He was declared brain dead.” と言えます。では、「脳死判定」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「脳」

I had a stroke.(私は脳梗塞になった)
He had a stroke.(彼は脳梗塞になった)
She had a stroke.(彼女は脳梗塞になった)

He was diagnosed with a brain tumor.(脳腫瘍と診断された)
He died of a brain tumor.(脳腫瘍で亡くなった)

ほか、

He’s on life support.(生命維持装置を付けている)
He’s on a ventilator.(人工呼吸器を付けている)

He’s in the ICU.(彼はICU/集中治療室に入っている)
She’s in the ICU.(彼女はICU/集中治療室に入っている)

いかがでしたでしょうか?今回は「脳死判定」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる