「期待はあらゆる苦悩のもと」って英語でなんて言うの?

「期待はあらゆる苦悩のもと」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「期待はあらゆる苦悩のもと」って英語でなんて言うかご存じですか?今回は「期待はあらゆる苦悩のもと」の英語での言い方、その応用例、「期待はあらゆる苦悩のもと」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「期待はあらゆる苦悩のもと」は英語で “Expectation is the root of all heartache.”

「期待はあらゆる苦悩のもと」は英語で “Expectation is the root of all heartache.” と言えます。

Expectation is the root of all heartache.
(期待はあらゆる苦悩のもと)

expectation は「期待」という意味の名詞です。root は「根源」という意味の名詞です。heartache は「苦悩」という意味の名詞です。“Expectation is the root of all heartache.” で「期待はあらゆる苦悩のもと」。

Expectation is the root of all heartache.” はウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)の言葉です。

「期待はあらゆる苦悩のもと」に関連する英語フレーズ

「期待はあらゆる苦悩のもと」に関連する英語フレーズ

「期待はあらゆる苦悩のもと」は英語で “Expectation is the root of all heartache.” と言えます。では、「期待はあらゆる苦悩のもと」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

ウィリアム・シェイクスピアの名言、

All that glitters is not gold.
(輝けるもの必ずしも金ならず)

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)

All’s well that ends well.
(終わりよければすべてよし)

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)

There is nothing either good or bad, but thinking makes it so.
(世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ)

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)

Brevity is the soul of wit.
(簡潔こそが英知の真髄である)

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)

The course of true love never did run smooth.
(真の恋の道は、茨の道である)

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)

To be, or not to be: that is the question.
(生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ)

William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)

いかがでしたでしょうか?今回は「期待はあらゆる苦悩のもと」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる