リンカーンの名言「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」英語で?

リンカーンの名言「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」英語で?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

リンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」って英語でなんて言うかご存じですか?第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの言葉です。今回はリンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」の英語での言い方、その応用例、リンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

リンカーンの名言「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」は英語で?

リンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」は英語で “Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe.” と言えます。

Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe.
(もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう)

sharpening は動詞の sharpen のing形です。sharpen は形容詞 sharp の動詞形で、「鋭くする」という意味を表します。chop down は「切り倒す」という意味の動詞句です。

Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe.” で「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう」という意味になります。

Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe.” は第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)の言葉です。

【名言関連記事】———————————————-
エイブラハム・リンカーンの名言集【英語原文と和訳】
「時間」に関する英語の名言集【英語原文と和訳】
「仕事」に関する英語の名言集【英語原文と和訳】
—————————————————————–

リンカーンの名言「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」に関連する英語フレーズ

リンカーンの名言「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」に関連する英語フレーズ

リンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」は英語で “Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe.” と言えます。では、リンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

【エイブラハム・リンカーンの名言】

A house divided against itself cannot stand.
「分かれたる家は立つこと能わず」

Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン)

The best way to predict the future is to create it.
「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創り出すことである」

Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン)

Whatever you are, be a good one.
「何であれ、その道を究めなさい」

Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン)

いかがでしたでしょうか?今回はリンカーンの「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら…」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次