「良いお年を」って英語でなんて言うの?

「良いお年を」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「良いお年を」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。三つの単語で表すことができます。今回は「良いお年を」の英語での言い方、その応用例、「良いお年を」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「良いお年を」は英語で “Happy New Year.”

「良いお年を」は英語で “Happy New Year.” と言えます。

Happy New Year.
(良いお年を/あけましておめでとう)

happy は「幸せな」という意味の形容詞です。“Happy New Year.” を直訳すると「幸せな新年を」。

日本語では年末には「良いお年を」、年始には「あけましておめでとう」と言いますが、英語の “Happy New Year.” は年末にも年始にも使うことができます。

「良いお年を」に関連する英語フレーズ

「良いお年を」に関連する英語フレーズ

「良いお年を」は英語で “Happy New Year.” と言えます。では、「良いお年を」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「祝日の挨拶」

Happy Valentine’s Day!
(素敵なバレンタインデーを)

Happy Halloween!
(素敵なハロウィンを)

Happy Easter!
(素敵なイースターを)

Easter はキリストの復活を祝う祝日です。

Happy New Year.
(良いお年を/あけましておめでとう)

日本語では年末には「良いお年を」、年始には「あけましておめでとう」と言いますが、英語の “Happy New Year.” は年末にも年始にも使うことができます。

“Merry Christmas!” と “Happy Holidays!”

Merry Christmas!(素敵なクリスマスを)
Happy Holidays!(素敵な休暇を)

Happy Holidays!” は12月のホリデーシーズンについて使われる挨拶です。holiday は「祝日」という意味です。12月には複数の祝日があるため、holidays と複数形が使われます。

クリスマスはキリスト教の祝日で、世の中にはクリスマスを祝わない人もいます。そのため、学校や職場などでは “Merry Christmas!” ではなく、“Happy Holidays!” が使われます。

いかがでしたでしょうか?今回は「良いお年を」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる