「失業した」って英語でなんて言うの?

「失業した」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「失業した」って英語でなんて言うかご存じですか?仕事を失ったときですね。これはとても簡単です。三つの単語で表せます。今回は「失業した」の英語での言い方、それに関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「失業した」は英語で “I lost my job.”

「失業した」は英語で “I lost my job.” と言えます。

I lost my job.
(失業した)

lose はこの場合「~を失う」という意味です。job は「仕事」という意味です。“I lost my job.” で「私は仕事を失った」、「私は失業した」の意味になります。

「失業した」に関連する英語フレーズ

「失業した」に関連する英語フレーズ

「失業した」は英語で “I lost my job.” と言えます。では、「失業した」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「失業した」

I got fired.(クビになった)
I got laid off.(リストラされた)
I lost my job.(失業した)

“I got fired.” と “I got laid off.” と “I lost my job.” の違い

I got fired.” は仕事でミスをしてクビになったときに使うことができます。“I got laid off.” は会社の業績不振でリストラにあったときに使うことができます。“I lost my job.” は失業した理由を明かさない言い方です。

「仕事を辞めた」

I quit my job.(仕事を辞めた)

“I got fired.” と “I got laid off.” と “I lost my job.” と “I quit my job.” の違い

I quit my job.” は自らの意思で仕事を辞めた場合に使うことができます。“I got fired.” と “I got laid off.” と “I lost my job.” は、自らの意思に反して仕事を失った場合に使うことができます。

「失業中」

I’m unemployed.(私は失業中です)
I’m between jobs.(私は失業中です)

“I’m unemployed.” と “I’m between jobs.” の違い

直訳すると “I’m unemployed.” は「私は雇用されていない」、“I’m between jobs.” は「私は仕事と仕事の間にいる」となります。どちらの文も今現在無職で仕事を探している状態を表しますが、“I’m between jobs.” はその状態をより前向きに表現します。

「無職」

I don’t have a job.(私は無職です)

“I’m unemployed.” と “I’m between jobs.” と “I don’t have a job.” の違い

I don’t have a job.” は「私は職を持っていない」という意味です。“I’m unemployed.” と “I’m between jobs.” は今現在仕事を求めている場合に使うことができますが、“I don’t have a job.” は今現在仕事を求めているかどうかにかかわらず使うことができます。

いかがでしたでしょうか?今回は「失業した」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる