「痛いよぉ」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「痛いよぉ」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。二つの単語で表すことができます。今回は「痛いよぉ」の英語での言い方、その応用例、「痛いよぉ」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の例文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「痛いよぉ」は英語で “It hurts!”

「痛いよぉ」は英語で “It hurts!” と言えます。

It hurts!
(痛いよぉ)

hurt は「体の部分 + hurts」の形で「(体の部分が)痛い」という意味を表します。

例えば、

My back hurts.(腰が痛い)
My neck hurts.(首が痛い)
My legs hurt.(脚が痛い)
My head hurts.(頭が痛い)

It hurts!” を直訳すると「それは痛い」。これで「痛いよぉ」の意味を表すことができます。

「痛いよぉ」に関連する英語フレーズ

「痛いよぉ」に関連する英語フレーズ

「痛いよぉ」は英語で “It hurts!” と言えます。では、「痛い」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「喉が痛い」

I have a sore throat.(喉がヒリヒリ痛い)
My throat hurts.(喉が痛い)
It hurts when I swallow.(飲み込むと痛い)

「~がすごく痛い」は ~ is killing me で表すことができます。

My stomach is killing me.(すごく腹が痛い)
My head is killing me.(すごく頭が痛い)
My legs are killing me.(すごく脚が痛い)
My back is killing me.(すごく腰が痛い)

「筋肉痛」は sore で表すことができます。

I’m sore.(筋肉痛です)
I’m so sore.(ひどい筋肉痛)
My legs are sore.(足が筋肉痛)
I’m so sore I can hardly move.(筋肉痛で動けない)

いかがでしたでしょうか?今回は「痛いよぉ」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる