ナポレオン・ボナパルトの名言「敵が間違いを犯している時は…」英語で?

ナポレオン・ボナパルトの名言「敵が間違いを犯している時は…」英語で?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

ナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」って英語でなんて言うかご存じですか?フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトの言葉です。今回はナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」の英語での言い方、その応用例、ナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

ナポレオン・ボナパルトの名言「敵が間違いを犯している時は…」は英語で?

ナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」は英語で “Never interrupt your enemy when he is making a mistake.” と言えます。

Never interrupt your enemy when he is making a mistake.
(敵が間違いを犯している時は、決してその邪魔をしてはならない)

mistake は「間違い」という意味の名詞です。make a mistake で「間違いを犯す」という意味になります。enemy は「敵」という意味の名詞です。

Never interrupt your enemy when he is making a mistake.” で「敵が間違いを犯している時は、決してその邪魔をしてはならない」という意味になります。

Never interrupt your enemy when he is making a mistake.” はフランスの皇帝ナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)の言葉です。

【名言関連記事】———————————————
ナポレオン・ボナパルトの名言集【英語原文と和訳】
「失敗」に関する名言集【英語原文と和訳】
—————————————————————-

ナポレオン・ボナパルトの名言「敵が間違いを犯している時は…」に関連する英語フレーズ

ナポレオン・ボナパルトの名言「敵が間違いを犯している時は…」に関連する英語フレーズ

ナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」は英語で “Never interrupt your enemy when he is making a mistake.” と言えます。では、ナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「失敗」

Don’t be afraid to fail.(失敗を恐れるな)
Don’t be afraid to make mistakes.(間違えることを恐れるな/ミスを恐れるな)

mistake と failure の違い

failure は「失敗」、mistake は「ミス」という意味です。failure の対義語は「成功」という意味の success です。mistake は「失敗(failure)」や「成功(success)」の過程で起こる「ミス」を言います。

「失敗」に関する英語の名言

I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.
「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」

Thomas Edison(トーマス・エジソン)

Success is not final, failure is not fatal, it is the courage to continue that counts.
「成功は決定的ではなく、失敗も致命的ではない。大切なのは続ける勇気である」

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル)

By failing to prepare, you are preparing to fail.
「準備を怠ることは、失敗するための準備をするようなものだ」

Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)

いかがでしたでしょうか?今回はナポレオン・ボナパルトの「敵が間違いを犯している時は…」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次