ウィンストン・チャーチルの名言「決して屈するな…」は英語で?

ウィンストン・チャーチルの名言「決して屈するな…」は英語で?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

ウィンストン・チャーチルの「決して屈するな…」って英語でなんて言うかご存じですか?英国の元首相、ウィンストン・チャーチルの言葉です。今回はウィンストン・チャーチルの「決して屈するな…」の英語での言い方、その応用例、ウィンストン・チャーチルの「決して屈するな…」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

ウィンストン・チャーチルの名言「決して屈するな…」は英語で?

ウィンストン・チャーチルの「決して屈するな…」は英語で “Never, never, never give up.” と言えます。

Never, never, never give up.
(決して屈するな。決して、決して、決して)

give up は「諦める」という意味の動詞句です。never は「いつも~する」という意味の always の対義語で、「どんなときも~しない」という意味を表します。

Never, never, never give up.” で「決して屈するな。決して、決して、決して」の意味になります。

Never, never, never give up.” は英国の元首相、ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)の言葉です。

【名言関連記事】———————————————–
ウィンストン・チャーチルの名言集【英語原文と和訳】
元気が出る英語の名言集【英語原文と和訳】
——————————————————————

ウィンストン・チャーチルの名言「決して屈するな…」に関連する英語フレーズ

ウィンストン・チャーチルの名言「決して屈するな…」に関連する英語フレーズ

ウィンストン・チャーチルの「決して屈するな…」は英語で “Never, never, never give up.” と言えます。では、ウィンストン・チャーチルの「決して屈するな…」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「諦めない」

Never give up.(何があっても諦めるな)
Don’t give up.(諦めちゃダメだ)

“Never give up.” と “Don’t give up.” の違い

never は「いつも~する」という意味の always の対義語で、「どんなときも~しない」という意味を表します。“Never give up.” は「どんなときも諦めてはいけない」という意味で、その人の全ての行動について「諦めてはいけない」と伝えます。一方、“Don’t give up.” は「諦めてはいけない」という意味で、その人が今現在取り組んでいる特定の事柄について「諦めてはいけない」と伝えます。

Don’t give up so easily.(そんなに簡単に諦めちゃダメだ)
My motto is “Never give up”.(「何があっても諦めない」が私のモットーです)

ウィンストン・チャーチルの名言

Success is not final, failure is not fatal, it is the courage to continue that counts.
(成功は決定的ではなく、失敗も致命的ではない。大切なのは続ける勇気である)

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル)

Never, never, never give up.
(決して屈するな。決して、決して、決して)

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル)

History is written by the victors.
(歴史は勝者によって書かれる)

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル)

いかがでしたでしょうか?今回は「決して屈するな。決して、決して、決して」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次