「もっと気をつけるべきだった」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「もっと気をつけるべきだった」って英語でなんて言うかご存じですか?今回は「もっと気をつけるべきだった」の英語での言い方、その応用例、「もっと気をつけるべきだった」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「もっと気をつけるべきだった」は英語で “I should have been more careful.”

「もっと気をつけるべきだった」は英語で “I should have been more careful.” と言えます。

I should have been more careful.
(もっと気をつけるべきだった)

should は「should 動詞の原形」で「~するべきだ」、「should have 動詞の過去分詞」で「~するべきだった」の意味をそれぞれ表します。

careful は「気をつける」という意味です。been be動詞の過去分詞形です。“I should have been more careful.” で「もっと気をつけるべきだった」の意味になります。

「もっと気をつけるべきだった」に関連する英語フレーズ

「もっと気をつけるべきだった」に関連する英語フレーズ

「もっと気をつけるべきだった」は英語で “I should have been more careful.” と言えます。では、「もっと気をつけるべきだった」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「~するべきだった」

I should have listened to you.(あなたの言うとおりにすべきだった)
I should have studied harder.(もっと勉強すべきだった)
I should have gone to bed earlier last night.(昨日もっと早く寝ればよかった)
I should have told you sooner.(もっと早く言うべきだった)

「~するべきではなかった」

I shouldn’t have done that.(あんなことするべきではなかった)
I shouldn’t have said that.(あんなこと言うべきではなかった)
I shouldn’t have said anything.(何も言わなきゃよかった)

「気をつける」

Watch your head.(頭をぶつけないように気をつけてください)
Watch your mouth.(言葉遣いに気をつけなさい)
Be careful. It’s hot.(熱いから気をつけてください)
Watch your step.(足元に気をつけてください)

いかがでしたでしょうか?今回は「もっと気をつけるべきだった」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる