ビル・ゲイツの名言「成功は教師としては最悪…」って英語でなんて言うの?

ビル・ゲイツの名言「成功は教師としては最悪…」は英語で?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

ビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」って英語でなんて言うかご存じですか?マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツの言葉です。今回はビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」の英語での言い方、その応用例、ビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

ビル・ゲイツの名言「成功は教師としては最悪…」は英語で?

ビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」は英語で “Success is a lousy teacher. It seduces smart people into thinking they can’t lose.” と言えます。

Success is a lousy teacher. It seduces smart people into thinking they can’t lose.
(成功というのは教師としては最悪なのですよ。頭のいい人間をそそのかして、自分は無敵だと信じ込ませてしまうのですから)

lousy は「とても質が悪い」という意味の形容詞です。seduces は「誘惑する」という意味の動詞 seduce の三人称単数現在形です。

Success is a lousy teacher. It seduces smart people into thinking they can’t lose.” で「成功というのは教師としては最悪なのですよ。頭のいい人間をそそのかして、自分は無敵だと信じ込ませてしまうのですから」という意味になります。

Success is a lousy teacher. It seduces smart people into thinking they can’t lose.” はマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ(Bill Gates)の言葉です。

【名言関連記事】—————————————-
ビル・ゲイツの名言集【英語原文と和訳】
「成功」に関する英語の名言集【英語原文と和訳】
———————————————————–

ビル・ゲイツの名言「成功は教師としては最悪…」に関連する英語フレーズ

ビル・ゲイツの名言「成功は教師としては最悪…」に関連する英語フレーズ

ビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」は英語で “Success is a lousy teacher. It seduces smart people into thinking they can’t lose.” と言えます。では、ビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「失敗」

Don’t be afraid to fail.(失敗を恐れるな)
Don’t be afraid to make mistakes.(間違えることを恐れるな/ミスを恐れるな)

mistake と failure の違い

failure は「失敗」、mistake は「ミス」という意味です。failure の対義語は「成功」という意味の success です。mistake は「失敗(failure)」や「成功(success)」の過程で起こる「ミス」を言います。

「成功」に関する英語の名言

Success is not final, failure is not fatal, it is the courage to continue that counts.
「成功は決定的ではなく、失敗も致命的ではない。大切なのは続ける勇気である」

Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル)

Winners never quit and quitters never win.
「勝者は決して諦めない。途中で諦める者に勝利はない」

Vince Lombardi(ヴィンス・ロンバルディ)

Nothing great was ever achieved without enthusiasm.
「情熱なしに偉業が成し遂げられたことはない」

Ralph Waldo Emerson(ラルフ・ワルド・エマーソン)

いかがでしたでしょうか?今回はビル・ゲイツの「成功は教師としては最悪…」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次