「ぎっくり腰になった」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「ぎっくり腰になった」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。中学英語だけで表すことができます。今回は「ぎっくり腰になった」の英語での言い方、その応用例、「ぎっくり腰になった」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「ぎっくり腰になった」は英語で “I threw my back out.”

「ぎっくり腰になった」は英語で “I threw my back out.” と言えます。

I threw my back out.
(ぎっくり腰になった)

back は「腰」という意味です。threw は「投げる」という意味の動詞 throw の過去形です。“I threw my back out.” で「私は腰を外に投げた」。これで「ぎっくり腰になった」の意味を表すことができます。

「ぎっくり腰になった」に関連する英語フレーズ

「ぎっくり腰になった」に関連する英語フレーズ

「ぎっくり腰になった」は英語で “I threw my back out.” と言えます。では、「ぎっくり腰になった」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「腰を痛めた/怪我した」

I hurt my back.(腰を痛めた)
I injured my back.(腰を怪我した)

injurehurt よりも怪我の程度が重い場合に使われます。

「腰が痛い」

My back hurts.(腰が痛い)
My back is killing me.(腰が死ぬほど痛い)

ほか、

I broke my back.(腰の骨を折った)
How’s your back?(腰の調子はどうですか)
I had back surgery.(腰の手術を受けました)

いかがでしたでしょうか?今回は「ぎっくり腰になった」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる