「ピンチはチャンス」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「ピンチはチャンス」って英語でなんて言うかご存じですか?「ピンチはチャンス」は日本の言葉なのですが、英語にもこれに近い言い方がいくつかあります。今回は「ピンチはチャンス」の英語での言い方をご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「ピンチはチャンス」は英語で “When one door closes, another one opens.”

「ピンチはチャンス」は “When one door closes, another one opens.” と英語に訳すことができます。

When one door closes, another one opens.
(ピンチはチャンス/扉が一つ閉まるとき、新たな扉が開く)

When one door closes, another one opens.” を直訳すると「扉が一つ閉まるとき、新たな扉が開く」。これは、良くない出来事が起きたときや、何かが終わるときは新しいことが始まるときでもあるという意味合いで、日本語の「ピンチはチャンス」に近い意味を表します。

次のように言うこともできます。

When one door closes, another door opens.(ピンチはチャンス)
When one door closes, another opens.(ピンチはチャンス)

「ピンチはチャンス」の意味のその他の英語フレーズ

「ピンチはチャンス」の意味のその他の英語フレーズ

「ピンチはチャンス」は “When one door closes, another one opens.” と英語に訳すことができます。 では、ここからは「ピンチはチャンス」に近い意味を表すその他の言い方について見ていきましょう。

まずは、

Every cloud has a silver lining.
(どんな雲も、裏側には光が当たっている)

Every cloud has a silver lining.” も「ピンチはチャンス」に近いです。これは有名な英語のことわざで、「どんなにつらい出来事にも前向きな要素はある」という意味を表します。

続いては、

What doesn’t kill you makes you stronger.
(死ななければ良い経験)

これもとても有名な言葉です。つらいことも命さえあればそれは良い経験になるという意味を表します。他に、“What doesn’t kill you makes you stronger.” に近い言い方として、次のように言うこともあります。

Failure makes you stronger.(挫折は人を強くする)
Adversity makes you stronger.(逆境は人を強くする)

いかがでしたでしょうか?今回は「ピンチはチャンス」の英語での言い方をご紹介しました。個人的に一番好きなのは “When one door closes, another one opens.” です。日本語の「ピンチはチャンス」にも一番近いと思います。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる