「準備に越したことはない」って英語でなんて言うの?

「準備に越したことはない」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「準備に越したことはない」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。too という単語を使います。今回は「準備に越したことはない」の英語での言い方、その応用例、「準備に越したことはない」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「準備に越したことはない」は英語で “You can never be too prepared.”

「準備に越したことはない」は英語で “You can never be too prepared.” と言えます。

You can never be too prepared.
(準備に越したことはない/準備にし過ぎはない)

prepared はこの場合「準備が整った」という意味の形容詞です。too は「~すぎる」という意味を表します。“You can never be too prepared.” で「準備にし過ぎはない」⇒「準備に越したことはない」となります。

「準備に越したことはない」に関連する英語フレーズ

「準備に越したことはない」に関連する英語フレーズ

「準備に越したことはない」は英語で “You can never be too prepared.” と言えます。では、「準備に越したことはない」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「準備」

Preparation is key.(準備が大切)
Preparation is everything.(準備が全て)
I should have been more prepared.(もっとしっかり準備しておけばよかった)
You can never be too prepared.(準備に越したことはない/準備にし過ぎはない)

「用心に越したことはない」

Better safe than sorry.
(用心に越したことはない/危険を冒して後で後悔するよりも慎重に安全策でいったほうがいい ※英語の格言)

「越したことはない」

You can never have too many friends.(友達は多いに越したことはない)
You can never have too much of a good thing.(良い物はたくさんあるに越したことはない)

いかがでしたでしょうか?今回は「準備に越したことはない」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる