「本当に大切なものは失ってから気づく」って英語でなんて言うの?

「本当に大切なものは失ってから気づく」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「本当に大切なものは失ってから気づく」って英語でなんて言うかご存じですか?今回は「本当に大切なものは失ってから気づく」の英語での言い方、その応用例、「本当に大切なものは失ってから気づく」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「本当に大切なものは失ってから気づく」は英語で “You don’t know what you’ve got until it’s gone.”

「本当に大切なものは失ってから気づく」は英語で “You don’t know what you’ve got until it’s gone.” と言えます。

You don’t know what you’ve got until it’s gone.
(本当に大切なものは失ってから気づく)

gone は動詞の go の過去分詞形です。until は「~までずっと…する」という意味の接続詞です。

You don’t know what you’ve got until it’s gone.” は「身近な人やものの大切さはそれを失ったときに初めて気がつく」という意味の英語の格言です。

「本当に大切なものは失ってから気づく」に関連する英語フレーズ

「本当に大切なものは失ってから気づく」に関連する英語フレーズ

「本当に大切なものは失ってから気づく」は英語で “You don’t know what you’ve got until it’s gone.” と言えます。では、「本当に大切なものは失ってから気づく」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

日本の有名な格言の英語訳、

Rome wasn’t built in a day.
(ローマは一日にして成らず)

Rome wasn’t built in a day.” は「偉大なことを成し遂げるには時間がかかる」という意味の英語の格言です。

Nothing ventured, nothing gained.
(虎穴に入らずんば虎子を得ず)

Nothing ventured, nothing gained.” は「何かを得るためにはリスクを冒さなければならない」という意味の英語の格言です。

Two heads are better than one.
(三人寄れば文殊の知恵)

Two heads are better than one.” は「一人で考えるより二人で考えた方が良いアイデアは浮かぶ」という意味の英語の格言です。

Good things come to those who wait.
(果報は寝て待て)

Good things come to those who wait.” は「辛抱強く待て」という意味の英語の格言です。

Time is money.
(時は金なり)

Time is money.” は「時間はとても大切なものである」という意味の英語の格言です。

Where there’s smoke there’s fire.
(火のない所に煙は立たない)

Where there’s smoke there’s fire.” は「何の根拠もなければうわさ話は立たない」という意味の英語の格言です。

God helps those who help themselves.
(天は自ら助くる者を助く)

God helps those who help themselves.” は「目標があるなら神頼みではなく努力をしなさい」という意味の英語の格言です。

Strike while the iron is hot.
(鉄は熱いうちに打て)

Strike while the iron is hot.” は「チャンスを逃すな」という意味の英語の格言です。

いかがでしたでしょうか?今回は「本当に大切なものは失ってから気づく」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次