「国によって違う」って英語でなんて言うの?

「国によって違う」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「国によって違う」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。五つの単語で表すことができます。今回は「国によって違う」の英語での言い方、その応用例、「国によって違う」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「国によって違う」は英語で “It depends on the country.”

「国によって違う」は英語で “It depends on the country.” と言えます。

It depends on the country.
(それは国によって違う/それは国による)

depend はかつては「~からぶら下がる」という意味を表しました。“It depends on the country.” で「それは国にぶら下がっている」⇒「それは国にかかっている」⇒「それは国による」「それは国によって違う」となります。

「国によって違う」に関連する英語フレーズ

「国によって違う」に関連する英語フレーズ

「国によって違う」は英語で “It depends on the country.” と言えます。では、「国によって違う」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「~によって違う」

It depends on the situation.(状況による)
It depends on the weather.(天気による)
It depends on the price.(値段による)
It depends on my mood.(その日の気分による)
It depends on the day.(日によって違う)
It depends on the person.(それは人によって違う)
It depends on the season.(それは季節による/それは季節によって違う)
It depends on your age.(それは年齢による/それは年齢によって違う)
It depends on the country.(それは国による/それは国によって違う)
It depends on the state.(それは州による/それは州によって違う)
It depends on where you live.(どこに住んでいるかによる)
It depends.(それは場合による)

いかがでしたでしょうか?今回は「国によって違う」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる