「大きな違いがあります」って英語でなんて言うの?

「大きな違いがあります」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「大きな違いがあります」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。difference という単語を使います。今回は「大きな違いがあります」の英語での言い方、その応用例、「大きな違いがあります」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「大きな違いがあります」は英語で “There’s a big difference.”

「大きな違いがあります」は英語で “There’s a big difference.” と言えます。

There’s a big difference.
(大きな違いがあります)

difference は「違い」という意味の名詞です。much は「たくさんの」という意味です。“There’s a big difference.” で「大きな違いがあります」となります。

次のように言うこともできます。

There’s a huge difference.
(とても大きな違いがあります)

big と huge の違い

big は「大きい」という意味です。huge は「とても大きい」という意味です。huge はより大きな「違い」について使われます。

「大きな違いがあります」に関連する英語フレーズ

「大きな違いがあります」に関連する英語フレーズ

「大きな違いがあります」は英語で “There’s a big difference.” と言えます。では、「大きな違いがあります」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「違い」

What’s the difference?(違いはなんですか)
Is there a difference?(違いはありますか)
There’s no difference.(違いはありません)
There’s a big difference.(大きな違いがあります)
There’s not much difference.(大きな違いはありません)

「違う」

Men and women are different.(男と女は違う)
Everyone has their own opinion.(意見は人それぞれ違う)

いかがでしたでしょうか?今回は「大きな違いがあります」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる