「これは好みの問題です」って英語でなんて言うの?

「これは好みの問題です」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「これは好みの問題です」って英語でなんて言うかご存じですか?これはとても簡単です。matter という単語を使います。今回は「これは好みの問題です」の英語での言い方、その応用例、「これは好みの問題です」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の英文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「これは好みの問題です」は英語で “It’s a matter of taste.”

「これは好みの問題です」は英語で “It’s a matter of taste.” と言えます。

It’s a matter of taste.
(これは好みの問題です)

taste はこの場合「好み」という意味の名詞です。matter は「問題」という意味です。“It’s a matter of taste.” で「これは好みの問題です」の意味になります。

「これは好みの問題です」に関連する英語フレーズ

「これは好みの問題です」に関連する英語フレーズ

「これは好みの問題です」は英語で “It’s a matter of taste.” と言えます。では、「好みの問題です」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「問題」

It’s a matter of life and death.(これは命に関わる問題です)
It’s a matter of taste.(これは好みの問題です)
It’s a matter of interpretation.(これは解釈の問題です)
It’s not a matter of if. It’s a matter of when.(これは「やるかどうか」の問題ではなく「いつやるか」という問題です)
It’s just a matter of time.(あとは時間の問題 ※その出来事がこの先起こることが確実なときに使うフレーズ)

いかがでしたでしょうか?今回は「これは好みの問題です」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる