「誰にでも幸せになる権利がある」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「誰にでも幸せになる権利がある」って英語でなんて言うかご存じですか?今回は「誰にでも幸せになる権利がある」の英語での言い方、その応用例、「誰にでも幸せになる権利がある」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の例文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「誰にでも幸せになる権利がある」は英語で “Everyone deserves to be happy.”

「誰にでも幸せになる権利がある」は英語で “Everyone deserves to be happy.” と言えます。

Everyone deserves to be happy.
(誰にでも幸せになる権利がある)

deserve はこの場合「~に値する」「~を受けるだけの価値がある」という意味です。

Everyone deserves respect.(どんな人に対しても最低限の敬意は払われるべき)
Everyone deserves a second chance.(全ての人に再起のチャンスは与えられるべき)
No one deserves to be bullied.(いじめを受けていい人なんていない)

happy は「幸せな」という意味です。“Everyone deserves to be happy.” で「全ての人に幸せになる価値がある」。これで「誰にでも幸せになる権利がある」の意味を表すことができます。

「誰にでも幸せになる権利がある」に関連する英語フレーズ

「誰にでも幸せになる権利がある」に関連する英語フレーズ

「誰にでも幸せになる権利がある」は英語で “Everyone deserves to be happy.” と言えます。では、「誰にでも幸せになる権利がある」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「幸せ」

Money can’t buy happiness.(お金で幸せは買えない)
Everyone deserves to be happy.(誰にでも幸せになる権利がある)
Happiness is contagious.(幸せは伝染する)
I’m happier than I’ve ever been.(人生で今が一番幸せ)
When are you happiest?(何をしている時が一番幸せですか)
Happiness comes from within.(幸せはいつも自分の心が決める)

「名言」

We don’t laugh because we’re happy, we’re happy because we laugh.
(幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ)

いかがでしたでしょうか?今回は「誰にでも幸せになる権利がある」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる