「暴力は暴力を生む」って英語でなんて言うの?

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。

「暴力は暴力を生む」って英語でなんて言うかご存じですか?よく映画やドラマで耳にする言葉ですよね。今回は「暴力は暴力を生む」の英語での言い方、その応用例、「暴力は暴力を生む」に関連する英語フレーズなどご紹介します。記事内の例文は全てネイティブチェック済みです。

目次

「暴力は暴力を生む」は英語で “Violence begets violence.”

「暴力は暴力を生む」は英語で “Violence begets violence.” と言えます。

Violence begets violence.
(暴力は暴力を生む)

beget は「生む、生じさせる」の意味です。violence は「暴力」。“Violence begets violence.” で「暴力は暴力を生む」の意味になります。

他に、次のような言い方もあります。

Violence breeds violence.(暴力は暴力を生む)
Violence leads to more violence.(暴力は暴力を生む/暴力はさらなる暴力につながる)

breed も「生む、引き起こす」の意味です。

「暴力は暴力を生む」に関連する英語フレーズ

「暴力は暴力を生む」に関連する英語フレーズ

「暴力は暴力を生む」は “Violence begets violence.” と言えます。では、「暴力は暴力を生む」に関連する英語フレーズをいくつか見ていきましょう。

「~を生む」

Hate begets hate.(憎しみが憎しみを生む)
Money begets money.(金が金を生む)
Love begets love.(愛が愛を生む)
Kindness begets kindness.(優しさが優しさを生む)

「暴力」

You can’t fight violence with violence.(暴力で暴力と戦うことはできない)
Violence is never the answer.(暴力は何の解決にもならない)

いかがでしたでしょうか?今回は「暴力は暴力を生む」の英語での言い方をご紹介しました。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

関連記事(一部広告含む)

コメント

コメントする

目次
閉じる